犬と散歩しながら眺めた景色、花などをご紹介します。和んでいただけたら嬉しいです。

裏山のさんぽ

雛祭り おわり 2017年04月07日 行事


「飛騨生きびな祭」が行われている境内で目に付いた光景などを写してみました。

IMG_3136_2017040423290763a.jpg




IMG_3185_20170404232818620.jpg



IMG_3145_2017040423284815b.jpg



IMG_3126_20170404232951373.jpg



IMG_3167_201704042330176ad.jpg



IMG_3186_20170404233033e92.jpg



IMG_3188_20170404233047bae.jpg


明るい色を見ると嬉しい~。

IMG_3104.jpg

この境内に飾ってあったり稚児が持っていたモモの花のような飾りは本物ではありません。

まだウメもサクラも咲いていない時期ですがこうした飾りで一層華やかに見えましたよ。

3回にわたりご紹介させていただいた「飛騨生きびな祭」、見ていただいてありがとうございました<(_ _)>

雛祭り 続き 2017年04月06日 行事


農業振興や地域産業の発展、女性の健康と幸福を願って行われる神事「飛騨生きびな祭」

飛騨一円から選ばれた女性9人が内裏、妃、左右大臣、官女に扮し稚児や氏子らとともに町並みを練り歩きます。

出発する場所は黒山の人だかりで遠くから写しました。

IMG_3054_20170404232301f8a.jpg


行列は人の間から写したのでこんな写真しか写せませんでした。

IMG_3074.jpg



IMG_3071_20170404232350be0.jpg



IMG_3077_201704042324073db.jpg


行列は町を回りますが先回りしたカメラマンがいっぱいで私は遠くからこの一枚のみ(笑)雰囲気だけは伝わるかな。

IMG_3117.jpg


一時間ほどで神社に戻ってきた行列の生きびなの女性たちはお祓いを受けたあと本殿の回廊を歩いて行きますが、そこがカメラマンの攻防戦。

背が低い私は遠くからその様子を写しました。

IMG_3220_20170404232517a67.jpg



IMG_3239.jpg



IMG_3241_20170404232548699.jpg


で、この写真は誰もこの場所にはいなかったから多分私しか写してないと思います(^^)

IMG_3231_20170404233102438.jpg

翌日の新聞には素敵な写真がいっぱい紹介してありました。

私も今度行くときは、内容が分かったのでこれよりはましな写真が写せるといいんだけど(笑)

飛騨路に春を告げる伝統の祭りをご紹介させていただきました。

次回はこの祭の中で目に付いた光景などをご紹介させていただきますね。

雛祭り 2017年04月05日 行事


飛騨地方は4月3日が雛祭りです。

毎年この日は高山市一之宮町の飛騨一宮水無神社で「飛騨生きびな祭」が行われます。

仕事が休みだったので初めて行ってみました。

IMG_2999.jpg


境内には古い土雛がたくさん飾ってありました。

IMG_3025.jpg



IMG_3036_2017040422471355d.jpg


かわいい稚児たちが午後からの行列に参加するために境内に集まってきていました。

IMG_3013_201704042250180da.jpg



IMG_3017.jpg



IMG_3019_20170404225104219.jpg


この弾ける笑顔がかわいかったです。

IMG_3022.jpg

行われる内容や時間が全く分からず出かけたので、お昼を飲食コーナーで食べながら待ちました。

手打ちそばとよもぎだんごが最高に美味しかったです(^^)

アニメ「氷菓」の最終話でこの祭が登場するということで、ここでも聖地巡礼の方やカメラマンが多くて圧倒されました。

午後から行われた生きびなさまたちの行列は人の山で写真もひどいものですが、次回ご紹介させていただきます<(_ _)>

火の粉が舞う つづき 2016年08月12日 行事


続きです。

手筒花火を持つ人の中には女性もおみえでした。

IMG_2394_2016081116270048d.jpg


どうすれば綺麗に火が写せるのか分かりません。まるで白い花火です(笑)

IMG_2390.jpg


火の粉の中に人の頭が見えますよ。 炎の左です。

IMG_2399.jpg


合間には仕掛け花火や打ち上げ花火も行われ煙も立ち込めます。

IMG_2407.jpg


そしてまた手筒花火が。

IMG_2412_20160811163207ab3.jpg



IMG_2428_20160811163222c4e.jpg



IMG_2430_20160811163238dd7.jpg


最後にズドン!という底が破裂する激しい音が響いて。

IMG_2471.jpg


最後は30名くらいの打ち上げられた全員でご挨拶され、観客も一緒に五本締めで終了しました。

IMG_2473.jpg

初めて見たのでとても感動しました。

ただ自分が思い描いていた写真とはあまりにもかけ離れた写真だったので、また来年行ければもう一度挑戦したいと思っています。

暑い夏にふさわしい熱い花火でした(^^)

見ていただいてありがとうございました。



火の粉が舞う 2016年08月11日 行事


8月9日。

夕方からは幾分涼しくなり出かけてみました。

夕焼けを期待しましたがあいにく北アルプスは雲に隠れていました。

IMG_2353.jpg


乗鞍岳も。

IMG_2356_20160811155710004.jpg


雲がない空は優しい夕焼け色でした。

IMG_2359_20160811155839685.jpg


その後行った先は。

IMG_2364.jpg


高山手筒花火です。  初めて行きましたがどこで見ればいいのかも分かりません。  すごい人の中、なんとか見れる場所を確保しました。

暗くなった19時半過ぎに始まりました。 火をつける人と手筒の持ち手がその時を待っています。

IMG_2437_20160811160310ec6.jpg


いよぉ~お!という掛け声をあげて。

IMG_2444_20160811160559c32.jpg


火がつけられます。

IMG_2445.jpg


シャーーーッ!というような花火が上がる音。  どうやって写せばいいか格闘しながらの写真です。

IMG_2466_20160811160829caf.jpg



IMG_2462.jpg

打ち上げる者、観る者の厄落としができるように8月(ヤ)9日(ク)に願いを込めて打ち上げられるそうです。

竹筒に花火を仕込んで手で持ち、火の粉を浴びながら打ち上げる勇壮な花火。

最後は手筒の底が破裂する衝撃音があたりに響き渡りました。

身動きできないくらいの人の中で写した手筒花火。写真はひどいですが苦労したのであと一回続きます<(_ _)>


 » »